Deep Connected – “ウェアラブル”を飲み込むその次のキーワード?

前回の記事でGoogle Glassのことを取り上げた。サムソンがSmart Watchをリリースし2014年はウェアラブル元年になる、という声も聞こえる。しかし、本当に問いたいのはウェアラブルなデバイスがユーザーにとってのどんな問題や、「困った」を解決するのか?提供したいExperienceはユーザーが本当に共感できるものなのかということ。その焦点がぼやけたプロダクトは打ち上げ花火のように一瞬で消えていくだろう。

一方で少し目線を先に向けると”ポスト・ウェアラブル”がすでに見え隠れする。まずは下の動画を見てほしい。

 

MITメディアラボで研究されているこの”Dynamic Shape Display”と呼ばれるこのシロモノ。手の動きに連動して遠隔地にある直方体の柱が生きているかのように動き出す。気持ち悪い?それともいよいよ「画面越し」の時代が終わる時が来た? その評価はもう少し先になりそうだ。今はまだ積み木のような直方体だが、この「ピクセル」がもっと繊細になった時、一つ一つの直方体にセンサーが仕込まれ、硬い、冷たい、といった擬似感覚を再生できるようになった時、さらに先のウェアラブルなデバイスなんかと交わってくると、「遠くて近い」がもっとリアルなものになるのだろう。

写真・文字・動画の共有によるSNS全盛の時代は、自分達の生活や仕事に深く影響し始めた。そして、今後は「肌感覚」をも共有するDeep Connectedな世界へと向かうのか、ちょっと注目して見ておくのもおもしろい。

 

シリコンバレーで働きたいと考えるあなたに、見ておいて欲しい1枚の絵。

すでに見た人もいるかもしれないが、一時シリコンバレーで話題になった絵。これなかなか核心をついてて面白い。

Amazonはトップから下へきれいな放射状な組織。要は会社でやりたいことが全体にしっかり共有されてる。

Googleは複雑なように見えるけど、要はプロジェクトベースの仕事が多い。個人が複数のプロジェクトに関わるがゆえにこのような形に。

FBは上と下という関係がかなり薄いフラットな組織。(まーでもIPO前後の今となってはかなり組織立ってると思うが)この地のスタートアップはたいていこんな形。

AppleはJobs亡き後、ピラミッド型へ移行していくんだろうか?ただカリスマCEOがいると、えてしてこのような形態に。

Oracleはこんなにも法務が強いなんて初めて知った・・

さて、最後にマイクロソフト。MSはシアトルに郊外に本拠があるので、シリコンバレーの会社ではない。が、その存在はもはや知らない人がいないITの巨人ということで同列に扱われる。組織形態としては各事業部がかなり独立していて、しかもお互いにらみ合ってる。見方を変えれば、どの事業部に属するかで、かなりその人のキャリアが左右されてしまいそう。

外資の日本法人となると普通のピラミッドだったりするが、上記のようにUS本社となるとBUを抱えるので組織形態が会社によってかなり異なってくる。

シリコンバレーで働きたいなら、面接のときにその会社がどんな組織形態かとか、意思決定プロセスなのかを知るのも重要。でないと自分の仕事がどう会社にインパクトしていくのか見えないし、その人にとって本当に働きやすいかがわからないし。