プロダクトマネージャーの仕事をサッカーで語ってみる (その2)

選手時代のグアルディオラ

前回はプロダクトマネージャーの周りにいるプレイヤーにどんな人達がいるかを解説してきた。それを踏まえて本題に入っていこう。

(引き続きサッカーを文脈に話すので、読んでてよくわからない人は読み飛ばしてください)

冒頭いきなりグアルディオラの写真を持ってきたのには理由がある。彼のプレースタイルに、プロダクトマネージャーとしての真髄が現れていると考えるからだ。人によって同じポジションならピルロでいいじゃんという意見もあるだろうが、ちょっとここはグアルディオラにこだわって話をする。

彼のプレースタイルの特徴として3点挙げられる。それとプロダクトマネージャーの仕事の交差点を書いてみた。

1. 抜群の視野の広さに裏打ちされたパス展開

目の前の相手をかわすこと以上に、フィールド全体を見て1番ゴールの可能性があるところにパスを出す。グアルディオラはそれが非常にうまかった。彼がバルセロナでプレーしていたのを見ると、中盤のボール回しはほぼ彼を経由して行われる。当然敵はそこをつぶしにくるわけだが、そこでマークが緩くなった味方に、相手が唖然とするような大きな展開のパスを通す、そんなシーンがよくあった。それは逆サイドへの展開にもなるし、3列目からの縦へのスルーパスという形だったり。これは彼が味方がどう動こうとしているか常に把握しているという、視野の広さと、そこに長短関係なく正確にパスを通す技術力の賜物だ。

 

2. 試合の流れをコントロールする状況判断

試合は常に一方的に進むわけではない。競合のプレッシャーがきつい、相手に押し込まれて劣勢な(大きなトラブルを抱えている)状態、イレブンのとあるメンバーが微妙に機能していない等々、いつも万全とはいかない。グアルディオラはそんな中でも何をすべきかに迷いがない。例えば、

– この時間帯は引いてボールを回しチャンスを伺う
(ポストセールス部隊と連携して問題解決を速やかに図り、カウンターを狙う)

– あるいは少ないパス交換で縦へのスピードを狙う
(顧客が思わず頷くロードマップやソリューションの提供)

– 左右にボールを振ってプレッシャーを分散させる
(単純に営業・SEチームに攻撃を委ねるのではなく、他の社内リソースを巻き込んで攻撃のバリエーションを増やす)

– バランスの悪いところは修正するよう働きかける。
(機能していないポジションや攻めの形については、どのように修正すべきか自ら提案を持ちかけ立て直すようリードする)

こうした判断を的確に行っている姿はプロダクトマネージャーと相通づるところがある。

 

3. チームに安心感をもたらす精神的主柱

かつてバルセロナで同僚だったリバウドはグアルディオラがいないと調子がでないということを言っていた。彼が試合に出ると出ないではメンバーの勢いが違うのだ。彼がいるだけで試合に勝てる(気持ちになれる)、というのはチームにとって大きな財産。

プロダクトマネージャーも同様だ。前線がゴールを狙う局面で(顧客にセールスをしかける場面)製品責任者であるプロダクトマネージャーがしっかりしていると話がしやすいし、聞いてる側も安心できる。「この人なら聞けば答えてくれるし、困ったときでもなんとかしてくれる」という思いが、チームに活気をもたらすのだ。逆に言えばそれだけ頼られることが多いということであり、その期待に応えられるだけの準備(技術的、ビジネス的にも)を常に高いレベルでしておくことが要求される。「その件は持ち帰って・・」ということが頻発すれば、当然チームの信頼を失う。それは、せっかくの攻めの場面でバックパスを繰り返したり、相手にボールを奪われたりするようなものだ。

 

最後に、なぜピルロではなくこのグアルディオラを選んだか。それは圧倒的な実績が彼の哲学を証明しているから。選手としてリーグ戦、カップ戦でタイトルを13回、バルセロナオリンピックで金メダル、さらに監督転身後も14回タイトルを獲得している。(ちなみにピルロ自身もグアルディオラを尊敬する選手として指摘している)

 

ということでプロダクトマネージャーの仕事についてサッカーという文脈の中で解説してみたがなんとなくイメージついただろうか?ご意見・ご質問等あれば遠慮なくコメント欄か、「お問い合わせはこちら」まで。

広告

新たな挑戦の始まり

今月でGolden Gate Bridgeが完成して75周年
Source: BloomBerg Business Week

サンフランシスコの象徴と言えばゴールデンゲートブリッジである。この地を訪れたことがない人でも一度は写真等で見たことがあると思う。その橋が5/27に75周年を迎えた。今となっては観光名所扱いだが、当時は速い潮流と霧の多い天候、そして両岸の地形が複雑な事、2km以上の橋を重力から支えるだけの建築技術が育っておらず、もし建設するにしてもそのコストが$100 million 以上(1920年時点)と試算されており、「建設不可能な橋」として認識されていた。

しかし、時代は「不可能」と言われて立ち向かう挑戦者を時として迎え入れる。それが後にG.G. Bridgeの建設指揮をとったJoseph Straussという人だった。
(本稿では彼の詳細には踏み込まないが、興味のある方はこちらへ。)

1933年から着工開始し、4年の歳月を経て完成に至る。当時としては世界最長の吊り橋だ。この完成を機に、なんと橋梁建築技術のスタンダードが完全に塗り替わってしまった。建築史に名を残すのにはそれだけの価値があるというわけ。0から設計し、1を産み出し、100へと至るその過程はまさに開拓者の執念といえる。

奇遇にもこんな歴史的なタイミングの頃に、自分も新たな挑戦者としてスタートを切ることになった。前回、前々回と転職ネタが続いたが、実は自分も(同じ会社内で)新たなポジションに移ることが背景にあったのだ。これからはSoftware Product Managerとして仕事をしていくことになる。日本でプロダクトマネージャーと聞いてもあまりそういう仕事が広く存在しないので、イメージわかないかもしれない。(日本ではプロデューサーのイメージに近い)だが、ここシリコンバレーでは会社の屋台骨を支えていく重要な仕事である。0から1を作り、周囲を巻き込んで1を100に1000にしていくのがプロダクトマネージャーに課された役割なのだ。

なのでブログのタイトルも少し変えました。

今後は、シリコンバレーにおけるプロダクトマネージャーの仕事についても記事を書いていくのでお楽しみに。

いざJob Change! 勝負を決める最初の100日の過ごし方

転職といえば、ダーマの神殿 (w

自分が小学生のころドラクエ3が爆発的に流行ったこともあり、ある仕事(戦士とか武闘家とか魔法使いとか)に精通した人が、別の仕事に変わる「転職」という概念があることを、このゲームを通じてなんとなく当時知っていた。今から思えば、複数の専門性の相乗効果を狙うというスタイルに、どこか憧れを抱いていた気がする。
(ドラクエ的に言えば、コテコテの戦士なのになぜか魔法まで使いこなせてしまうというような)

ただ、簡単な話ではない。キャラの強さがレベル30までいっていても、いったん転職するとレベル1に下がってしまうのだ。まさに最初からやり直しである。当時プレーしていて転職を実行すべきか否か、小学生ながらまるで大人のように悩んだ記憶がある(笑

そして、決断したらもう後戻りできない。

今自分がITの世界でプロフェッショナルとして働く中で、何度かこの「転職」を経験してきた。1時的にレベルダウンすることを覚悟の上である。後戻りできない緊張感と戦いながら、今度はそこからどうやってスムーズにレベルを上げていくかが次に大事なのだ。

これまでの経験や学んだことからいって、5つポイントがある。しかも、これらのポイントを実行するのにはスタートダッシュが必要。新しいポジションに移ってからの最初の100日が勝負だ。



1. Network, network, network

所変われば品変わり、おのずと人も変わってくる。まずは自分の上下左右にどんな人がいて、どういう力関係になっているのかをよく把握すべし。ポイントは、同一部署内だけではなく、部署外、事業部内外、社外と、水の波紋が広がっていくようにその環を広げて俯瞰すること。そして、自分が仕事をするにあたって大事な人々とネットワークをどんどん構築していくこと。



2. Deliver a quick win

日系企業の場合、えてして「まーゆっくり勉強してきなさい」という雰囲気があったりするが、こと外資に限ってそれは命取り。まずは自分が移ってきたということに対し、これだけのバリューがあるぞ、というのをきっちり見せつけるべき。「おお、なんかすげー奴が来た」と思わせないといけないのです。でも、あまりに大きな目標を最初に掲げる必要はない。ポイントは、小さいアウトプットでもいいのでチームへの貢献度が高いようなタスクを、できるだけ早く達成すること。



3. Under promise, over deliver

2と関連しているが、最初なのでいきなり大風呂敷を広げる必要はない。むしろ「能ある鷹は爪を隠す」的に、ゴールはそこそこに設定し、やってみたら120%くらいできちゃいましたくらいのほうが印象強い。



4. Set a personal 100-day goal, separate from whatever your manager expects

外資の場合、あなたがこのチームに入ってきたらこれを達成してほしい、ということを上司から明確に定義される。これは当然こなすとして、それ以外に自分個人として達成すべき目標を自分の中に立てるのだ。例えば、自分に直接担当しないプロジェクトでも、勉強するいい機会になると思えるものであればそこに顔出して、どう貢献できるか探ってみるとか、自分のチームでうまく機能していないプロセスがあれば、改善提案をしてみるとか。



5. Celebrate other poeple’s success

最初の100日間に、チームの誰かが素晴らしいアウトプットを出したとしても、それを見て焦る必要なない。むしろなぜ彼はそんなアウトプットが出せたのか冷静に分析してみること。そしてその人に対してはちゃんと「おめでとう」と言ってあげよう。



これから転職する人、異動した人、新しい仕事を初めて日が浅い人、リスクをとってチャレンジするからにはぜひ結果に結びつけましょう!今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。


「海外でキャリアを積みたい」と考えるあなたに伝えたい1つの公式

リーマンショックがあったころ、チームのメンバーと話していたときに “What’s your plan B?”と聞かれた。自分はこの”Plan B”が何のことを言っているのか、最初全くわからなかった。これはUSでは普通に聞かれる表現で、「今あなたが取ろうとしている選択肢がだめだったら、次のオプションはなに?」という意味で使われる。

これがキャリアの文脈で使われれば、PlanBは「今の会社をクビになったら、次どうする?」という意味になる。当然こちらの人々はいろいろ考えていて、うちのチームでも、競合に移籍、友人のレストランのリネン交換サービスを手伝う、彫刻家になる、郷に帰るといったさまざまなプランがでてくる。

(ちなみにPlan Aはさしずめ、現在のキャリアを継続していくときの目標やゴール、ということになるだろうか。)

海外でプロとして戦い続ける、と今考えている自分にとってPlanAがうまくいかないから国に帰るというのはどうしても納得がいかなかった。(もちろんいつかは、そのことを受け入れないといけない時が来るとは思っている。)

しかし、当時自分はそこまで”Plan B”を真剣に考えているとは言えなかった。とにかく今自分がいるところでまずはしっかり戦えないと話にならない、という考えで必死だったため、Plan Bのことを正面から捕らえたことがなかった。

しかしこれは自分にとって一つの転機となる。

PlanBを考えるプロセスが、自分に足りないものを補い、自分にあるものを強化するきっかけを与えてくれたのだ。どういうことか?

まず、PlanB考えるため、まずは自分のスキルに対して冷徹なまでの分析を加えることから始めないといけなかった。要は何ができて何ができないか等々。でももっと大事だったのは、自分のどんなスキルがtransferable(移転可能)となりえるのか?また、どんなスキルがAdjacent(隣接)なのか?ということ。

前者はそっくりそのまま、今できることがPlanBでも通用するスキル。
後者はPlanBで求められることに「応用できる・変化させられる」現在のスキル。

次に考えるべきは、これらのスキルがmarketableかどうか。つまり、1つのポジションに対して候補者が何人かいたときに、あなたのほうが優れている(Non-nativeだけど)と思わせるだけのストーリーがあるか?

ここまで来ると、自分のスキルについての概観とそのストーリーが浮き上がってくる。最後に大切なのが「裏づけ」。外資の世界はもちろん、ヘッドハンティングの場面でもそうだが、そこで語れることが「本当」なのか、裏づけをとられるということ。(”Reference”という)たいていこれは自分の知らないところで行われる。そして、その裏づけをしてくれる人がエラい人であればあるほどもちろん良い。

こうして洗い出しした結果自分のPlanBを形にしていったのだが、それと同時に、XXというスキルと経験を積んで、YYと一緒に仕事をすれば、PlanAをPlanA+へと変貌させられるんじゃないか、ということに気がついたのだ。

ということで、まとめると1つの式になってしまう。

あなたのスキル =

{(Transferrable skill + Adjacent skill) * Marketability} ^ Networking

ポイントは、

Marketabilityが掛け算になっている -> ココが0だと、どんな努力もムダ。

Networkingが自乗 -> 自分のことを評価してくれる人の質と量で、そのインパクトは指数関数的に。同じ部署内だけよりも事業部内、事業部内よりも他の部門も、社内よりも社外へと、できるだけネットワークを広げましょう。Non-nativeにとっては生命線です!

もちろん、この考え方は日本でも通用すると思うが、USでキャリアを積んでいきたいと考えるならかーなーり、シビアに求められると考えたほうがいい。自分も涙をのんだことがあるので・・(その話はまた別の機会に)