シリコンバレーで働きたいと考えるあなたに、見ておいて欲しい1枚の絵。

すでに見た人もいるかもしれないが、一時シリコンバレーで話題になった絵。これなかなか核心をついてて面白い。

Amazonはトップから下へきれいな放射状な組織。要は会社でやりたいことが全体にしっかり共有されてる。

Googleは複雑なように見えるけど、要はプロジェクトベースの仕事が多い。個人が複数のプロジェクトに関わるがゆえにこのような形に。

FBは上と下という関係がかなり薄いフラットな組織。(まーでもIPO前後の今となってはかなり組織立ってると思うが)この地のスタートアップはたいていこんな形。

AppleはJobs亡き後、ピラミッド型へ移行していくんだろうか?ただカリスマCEOがいると、えてしてこのような形態に。

Oracleはこんなにも法務が強いなんて初めて知った・・

さて、最後にマイクロソフト。MSはシアトルに郊外に本拠があるので、シリコンバレーの会社ではない。が、その存在はもはや知らない人がいないITの巨人ということで同列に扱われる。組織形態としては各事業部がかなり独立していて、しかもお互いにらみ合ってる。見方を変えれば、どの事業部に属するかで、かなりその人のキャリアが左右されてしまいそう。

外資の日本法人となると普通のピラミッドだったりするが、上記のようにUS本社となるとBUを抱えるので組織形態が会社によってかなり異なってくる。

シリコンバレーで働きたいなら、面接のときにその会社がどんな組織形態かとか、意思決定プロセスなのかを知るのも重要。でないと自分の仕事がどう会社にインパクトしていくのか見えないし、その人にとって本当に働きやすいかがわからないし。