St.Patrick’s Day に見る多様性の本質 – その2  移民到来を前に慌てないための3か条

ま、職場でこんな「多様性」があることはないだろうが・・

「求む、多国籍従業員の管理経験者」

5年後、そんな求人広告が日本でも出始めるかもしれない。昨日の投稿で触れたように、好き嫌い抜きにこれからも日本へ来る移民は増えていくだろう。(それが政策的かどうかはここでは議論するつもりない。)

ということは、上司が・部下が・同僚が外国人という場面が日本でももっと普通に出てくるだろうし、いわゆる本当の意味での多様性が日本でも求められる時代はもうすぐそこに来るんだと考えている。こうした来るべき現実に準備しておくために、自分が普段心がけていることが一助となればとの思いで書いてみたい。

#1 移民にも活躍を許す懐の深さ

よく本稿のようなトピックに関連して、「アメリカは移民で成り立ってる国だから、移民の扱いに慣れてる」という発言を耳にする。だが、アメリカとて最初は移民との付き合い方がうまかったわけではない。St. Patrick’s Dayということでアイルランド移民を例にとると、19世紀アイルランドからやってくる続々とやってくる人々に最初アメリカは職を与えようとしなかった。

“No Irish need apply”である。よって彼らは「命を張る」仕事に就かざるを得なかった。つまり土木工事、警察、消防、軍人といった類だ。でもアメリカの道路はアイリッシュアメリカンによって造成されたというくらい、彼らの存在は以後称えられる。今でもこうした職業につく人々の姓(ファミリーネーム)の綴りが「O’」「Mc」「Mac」で始まっているのをニュースや映画でよく見るが、それはアイルランド系の末裔を意味している。

このリストにあるように、彼らはアメリカでかなり活躍した。その極致は特にJ.F.ケネディーが大統領だろう。現在アイルランド系の人々は完全にアメリカ社会に取り込まれている。途中大なり小なりの差別はあっても、結果を出す移民の活躍を認めてあげられるアメリカの懐の深さは指摘しないわけいかない。

(最近だとハーバード出身の台湾系NBA選手ジェレミー・リンかな。)

アイルランド人・アイルランド系アメリカ人はこうした歴史を知っているからこそ、St. Patrick’s Dayを大事にする。

#2 移民達のコミュニティーを尊重する

我が家の近くの通りにはいくつものキリスト教各宗派の教会が並んでいる。自分からすればその違いなんてはっきり言ってサッパリわからない。でも彼らの中には「教会仲間」という明確なコミュニティー意識がある。それは会社や立場を超えて存在するもので、もしその結びつきの強さを知らずにいれば、思わぬところから「あの人は・・」なんてリファレンスチェックで突っ込みいれられてしまうかもしれない。

オフィスに行けばイスラームな人々は「ちょっと礼拝の時間だから離席する」といって、普通に勤務時間中にいなくなる。(まー1日5回求められる礼拝の中で、勤務時間中は1回だけにするという調整はしているようだが。)だが、「業務に支障をきたすから」という理由で彼らの行為を厳しく取り締まったらどうだろうか。(もちろん会社のポリシーにもよると思うが)彼はおそらくあなたのマネジメントスタイルに疑問を持つのは間違いない。

「あ、XX人だ。彼らはYYな人種だからZZという行動をとる連中だな。」というステレオタイプに依存すると、おそらく何も良いことはない。そういうものはどこかの学者が一緒くたに抽象化しただけであって、現実はそんな薄っぺらいものではない。その人の行動を見る、どんなコミュニティーとつながっているのかを知る、彼らが価値を置くものを理解する、ことは異文化が「摩擦」に陥らないための第一歩だ。

#3 移民にも家族はいる

者によっては家族を置いて、自分の身一つでやってきたという場合もあるだろう。彼らは(良くも悪くも)さまざまな理由で郷を離れ、新しい土地にやってきた。そんな艱難辛苦を支えるのは遠くに残した家族や子どもたちであり、彼らにとっては生命線である。職場のルールだから、これがうちの会社のカルチャーだから、という理由で彼らと家族を分断するような働かせ方があってはならない。そんなことしたら、パフォーマンスを大幅に落とすだけ。そして「やっぱりXX人はダメだ」などという判断を下そうものなら、その人の良識を疑う。

親が子を思う気持ちに国境はない。そのことを忘れてはいけない。