Apple VS Tesla 自動車業界の新局面

Appleがついに電気自動車開発への参入するようだ。これまでもソフトウェアCarPlayで部分的に参入していたが、メルセデス・ベンツのR&DのExecを引き抜き、自動車に搭載するソフトウェアエンジニアをさかんに募集している。もちろんTeslaも黙ってはいない。なんとそのAppleから人材を引き抜き、そのバトルはシリコンバレーでもヒートアップ中だ。

商用電気自動車メーカーとしてトップブランドを確立したテスラに対し、ハードウェアメーカーながら秀でたUXを製品とそのエコシステムに持ち込んで業界を変革してしまうアップル。いよいよ自動車業界に乗り込んでくるとなると、これからの動向から目が離せません。

なぜTeslaは他の自動車メーカーではなく、Appleから人をとり続けるのか?なぜAppleはトヨタではなくメルセデス・ベンツから人をとったのか?2社に共通しているのは、車はすでに高度なソフトウェアを搭載する製品という感覚。勝負は外観のエモーショナルな部分と、そこに搭載するソフトウェアのUXとそのエコシステムだというのがわかっていることでしょう。TeslaのApple化と、Appleの車のメルセデス化、この両者の進化の行く末にあるものは?

詳しくはTech On the Rise Youtube チャンネルにて。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中