いざ英語で面接。この3つの質問に相手を納得させられるか?

アメリカでの面接はいつも容易ではない。単に英語が使える使えないというレベルを超えて、相手にインパクトを残さないといけない。そのためには面接を受ける側にも周到な準備が求められる。今回の記事はあるCEOがわずか7-10分で面接を終わらせてしまうということにからんで、いったいどんな質問で当落を判断しているのかを探っています。

詳細は下記Tech On the Rise YouTubeにて。
チャンネル登録よろしくお願いいたします。

 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中