あなたが駆け抜けた後に残るもの – “Legend”というプロ意識

Beta testing now

Google glass – ベータテスト中 @ Palo Alto Downtown

上の写真はパロアルトのダウンタウンを歩いている時に出くわしたGoogle勤務の人。Google Glassをかけて普通に歩いているところに遭遇し、奇遇だったので写真を撮らせてもらった。彼曰くベータテスト中なのだそう。

このメガネに搭載されるソフトウェアのアップデートに関してもニュースがでている。

Glass software update brings web brower, lock feature, app store
http://www.bizjournals.com/sanjose/news/2013/07/05/google-glass-software-update-brings.htm

そのうちの機能の一つWeb BrowsingについてのデモがYoutubeにもでていた。

頭を動かすのに連動してブラウザが上下左右に動くというのが仕様とのことだが、まだこなれてないな。このままだとブラウザ酔いを起こす人もでてきてしまうのでは・・
動画でもでているが、音声コントロールも搭載している。クリックはメガネのフレームをタップするか、音声で選択していくとのこと。

シリコンバレーで働いていると、こうした次の面白いコトを考えて実行に移している人や場面に遭遇する。周りも「変なヤツ」と敬遠するでもなく、逆に興味津津に語りかけてはディスカッションが路上で開始されるのだ。そのオープンさがこの地の強さの下地。

そしてそれを開発するビジョナリーな人たちは、基本的にバランスシートの項目に右往左往することはしない。株価やマーケットシェア、手元資金、もちろん操業という点ではどれも欠かせない要素だが、それはあくまで手段であって目的ではない。

先日行われたSilicon Valley Visionary Awardsの受賞者スピーチを見ていると、彼らが駆け抜けた先に残るものが、我々をとりまく世界を違う次元に押しあげ、次の世代への偉大な遺産としていずれ受け継がれていく、”Legend”とでもいうような、そんなプロ意識があるというのが伝わってくる。このレベルのプロ意識に到達するのにまだまだ自分にもするべきことがたくさんあるとあらためて思い知らされた。

今日本の意思決定層の一部に見え隠れする「自分の世代だけ良ければそれでいい、逃げ切れればOK」、「定年までの数年、若手を犠牲にしてでも波風立たないように過ごせればいい」という下心が見え隠れするような人達には、「自分が駆け抜けた後に残るもの」という点から見直すことを強く薦めたい。下賎な下心の先にあるのはネガティブで非生産的なものしかないと思うからだ。

 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中