あなたの英語をワンランクあげる一言 #6


holy_grail

 

今回の表現は言葉の背景を知らないと全く理解できないシロモノ。”This is the holy grail”.

“The holy grail” そのものは聖なる盃という意味で使われ、特にキリストが最後の晩餐で使ったものとされている。なので、固有名詞扱い。キリスト死後、その盃はイングランドの教会に収められたのだが、結局行方不明に。中世ヨーロッパにおいては、その盃をキリストの血脈と崇められており、それを使えば病気が治ったり奇跡を起こすと信じられていた。そこでアーサー王と円卓の騎士達があちこち探してまわる冒険というのが、アーサー王物語の主題。

こんな背景から転じて、「なかなか見つけられない」、「達成するのはかなり難しい」ということをほのめかしたいときに使う。会話では、

A: “I need to get the information about X.  I know we have a tool Y.  Tool Z might help here.  But, I don’t know how we can tie Y and Z together..  Do you know any other better way to get this information?”

B: “This is the holy grail!   I don’t know how to get this with the tools we have…”

 

Aさんが社内のDBから欲しい情報を得ようと模索するも、やり方がよくわからない様子。Bさんに尋ねると、”That’s the holy grail!”と言われてしまった。これはBさんも見当もつかないということを意味している。

ちなみに、この意味で使う時のHoly grailは固有名詞なので、”the”を必ずつけましょう。
“a holy grail”にしてしまうと、この慣用表現の意味が崩れます。敬虔なキリスト教の人には
とても奇妙に聞こえてしまうので要注意。

 

 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中