全社ミーティングに見るグローバル企業CEOの言葉力

Howard_Schultz

シリコンバレーにある会社でよくある光景として、4半期に一度全社員を揃えてのカンパニーミーティングがある。(スタートアップなんかだと週一、月一)ここでCEOやCFO達が4半期ごとの業績、うまく行っていること行っていないことを「包み隠さず」プレゼン。これから先何にフォーカスして、何をスコープから外すのか、クリアなメッセージと事実とともに語られる。また従業員は直接CEOに質問する機会もある。当然彼らは会社のトップである以上、いかなる質問にも答えることが求められる。そこではぐらかそうものなら「何か隠してる」、「CEOなのに把握してない」と思われ、従業員とトップの信頼関係に水を差すことになるのだ。

この部分だけでも日本企業とは様相がだいぶ異なると思うが、もしグローバル化を志向するのなら、こうした場でトップが「はっきりした」メッセージを「迷いなく」発することはものすごく重要。グローバルカンパニーは働いている人が千差万別。それぞれ異なる文化的背景を持つ。なので、クリアで短いメッセージでないと、メッセージを発する側の意図したとおりに解釈してくれないことがよく起こる。こちらでいう “Less is more” という考え方だ。

ならば、「文脈を読む」ことを前提とする日本語と近い考え方かというと、そうでもない。むしろ広告やマーケで使われるような”Punch line”の考え方に近いものだ。例えば”Build the best”という言葉。本日CEOが繰り返し使っていた言葉の1つだ。宣伝広告のマーケの人たちが一言で印象づけるために作るキメのワンフレーズ。そういうキレのある言葉を語りのなかで頻繁に使う。メッセージを極限までシンプルにしながら相手に行動を促す考え尽くされた言葉だ。中学生の英語力でもわかる単語(=誰でも分かる)に、様々な事実とストーリーを重ねて従業員に訴えかける。こちらのCEOは経営の透明性(=事実を社員と共有する)という感覚が徹底しており、その姿勢が社員に「では、自分達はこの事実の前に何をすべきか」を考えるきっかけを与える。そしてそうした行動を奨励する仕組み(責任の所在、役割分担、ゴールの明確化)や評価制度をトップは用意する。

会長、社長、専務取締役達が現場から遠いところにあり、現場への権限移譲やゴールをはっきり決めない中でいくらトップがグローバル化を叫んでも何も変わらない。一方トップが会社の現実についてクリアに語らないようでは、社員は本来何をすべきかわかるはずもない。すると「本当にこのままでいいのか?」と一抹の不安を抱えながら働くことになる。そんな会社で社員は持てる能力を発揮できるはずがないのだ。

グローバルという言葉が最近日本のビジネス系記事で見ない日はないくらい使われているが、海の向こうに行ったら日本のスタンダードを一度捨てるくらいの覚悟がないと、正直まともに戦えない。グローバルでの競争するとなると自己否定と進化をセットで回さなければ置いていかれる。そして、戦いに慣れてきたら日本のスタンダードの良いところを融合すればいい。それが自分にとっての差別化になるのであれば大いにそうするべき。この点を理解している経営者が日本には少なすぎる気がしてならない。

 

さて、今日の全社ミーティングでは、なんとスターバックスの現CEO、Howard Schultz (ハワード・シュルツ)氏がゲストスピーカーとして登壇した(上の写真)。彼の話が非常に示唆に富んでいたので、次回はその内容について書いてみる。

 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中