その2 – 「プロダクト」を通して世界を見る、プロダクトマネージャーという仕事

Lego x iPhone = iPhone dock
これも立派なプロダクト – http://bit.ly/P3NHAE

かれこれシリコンバレーに移り住んで6年目になるが、これまでプロダクトマネージャーの右腕として、また今現在自分がその当事者として働く中で常々疑問だったことがある。

「なぜ日本ではプロダクトマネージャーという仕事があまり根付いていないのか?」

PMもしくは、プロマネと言えば日本ではほぼ100%の確率で「プロジェクトマネージャーですか?」と言われるが、USでは、「それともプロダクトマネージャー?どっち?」と聞かれるくらいこちらでは浸透している。

この問に対していろいろな視点から答えがあり、シンプルな解はない。例えばこの仕事はいろいろな権限や役割が集中するので、日本のビジネス習慣的にそれを許さないところもある。やれるとしたら組織のトップ層くらいだろう。

ただ、特に日本のメーカーを見ていて「これは」と思うところがあるので、今日はその部分をたたき台に、プロダクトマネージャーの仕事について書いてみる。

シリコンバレーのプロダクトマネージャーが製品の立ち上げを行う時、いろいろリサーチやらヒアリングやらを行い、最終的にカスタマーが要求しそうな機能なり価格等々を議論し、スコープを狭めていく。そのプロセス「全て」に関与していく。(無論関与の度合いは会社によって異なる)

ところが、Aという機能とBという機能が最終的に残ってどちらかに絞らなければいけない場面に遭遇したとする。

何を基準に選ぶか?リスク VS 収益性? コスト? ベータテストの反応?開発スケジュールと予算?

もちろんこういった「数字」は大切な判断基準だが、実はそれだけでは決めない。ではプロダクトマネージャー達は最後に何で決めるか?

………

………

「自分でも思わず使いたくなるか?」

である。

自分がその想定カスタマーの場面にいるときに、AあるいはBを使った時に、どちらが思わず周りに話したくなるか、上司に報告(自慢?)したくなるか、というエモーショナルな部分だ。しかし、この判断はプロダクトマネージャーがどれだけユーザー自身や「ユーザーの」カスタマー、ユーザーが置かれているビジネス環境を理解しているかにかかってくる。この部分が深くないと、なぜユーザーが積極的な感情になれるかのイメージを描けない。ユーザーが使いやすい、わかりやすいという視点も大事だが、そもそも使いたいか?という根源的な問いだ。

これは数字だけでは絶対にわからなし、難しい部分でもある。プロジェクトマネージャーとの決定的な違いもここにある。(彼らはプロダクトのリリースがスケジュールと予算・リソース内に収まるよう苦心するのがメインなところがあって、「使いたいかどうか」の判断は普通しない。)

逆に「自分が使いたい」と思うレベルに達していないならば、そもそもツメが甘いと言っていい。(どうしてもそういう状況でリリースしないといけない時もあるが)

「顧客の要望に応じて」作ったからといって、それを自分が使いたいと思わなければ、大して売れない、ターゲットは積極的に買わない、興味は長続きしない。わかりやすい例で言えば、どんどん超大型化していくテレビをあなたはどこまで使いたいですか?というか、それは本当に「顧客の要望」か?

プロダクトマネージャーの仕事は「自分でも使いたくなる」プロダクトを作り、こうした思いに至る背景を、サイエンスとアートの両面から説明できることが重要。「プロダクト」を通じて世界を見るとはこのこと。ここでいう「世界」とは単に地理的な広がりやマーケットだけを意味しない。というかそれだけでは不十分。むしろ、ユーザーが抱いている「世界」を見るということ。こうして徹底的にプロダクトを叩き上げるからこそ、製品をリリースする時に腹を括れる。(それでもハズレる時があるのでこの仕事は面白く、難しいのだけど)

例えばよくある、線形な製品開発(大型化・高密度化・微細化etc)は、「自分が使いたいか」の問いにいつも答えていっているわけではない。むしろ組織の慣性によってその方向に進んでいるだけということが往々にしてある。また、プロジェクトマネージャーは途中どんなに大変でも決められたとおりにプロダクトが出来上がることが1番。それはそれで大事なのだが、こうした現象を前に、何かもやもやしたものを感じるのは私だけだろうか?

その感触とはどんなにプロジェクトのメンバーが疲弊しても、スケジュール通りにつくり上げたものが、ユーザーが「本当に」使いたいプロダクトなのか?という問題意識にほかならない。この問題意識を「使いたいプロダクト」という答えに翻訳していくのがプロダクトマネージャーの仕事だ。

よって、 理想 (使いたいプロダクトか?)VS 現実 (スケジュール・リソース) という図式ができあがり、 プロダクトマネージャーとプロジェクトマネージャーはよくケンカする(笑)逆に、ぶつかって現実を理想に近づけるくらいの馬力がないと、良いプロダクトマネージャーとは言えないのがシリコンバレーの共通認識。

先日ノーベル賞を受賞した山中氏は「iPSでまだ一人も命を救ってない」という旨を述べていた。iPS細胞開発という技術を、「使いたいプロダクト」に落としこむところに今後プロダクトマネジメントの真価が問われるわけで、受賞は快挙であることに異論はないが、それで終わりではない。ここからがまさにプロダクトを賭けた理想と現実の戦いである。(もしバイオサイエンスの見識と経験が自分にあったらぜひ参戦したいところだが。)

「自分が使いたいか」に気づかない、気づいていても変えられない、(そもそも変更は許さない?)場面が多いことは、日本にプロダクトマネージャーが根付かない大きな理由の一つだ考えている。

スマホでこのブログをご覧の方へ
試しに使ってみてください。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中