iOS6 Map 問題 – それは王者の驕りか、新たな旅立ちへの序章か

  

「東京駅」を検索してみたら・・

iOS6のアップデート通知が来てたので、自分が使うiphone4sで早速乗り替えてみた。すでにiOS6のマップ問題が取り上げられているのは知っていたが、自分の目でも確かめたくトライ。

すると・・

テストした言葉

iOS 6 Map

Google Map

東京駅

No Results Found

OK

東京ディズニーランド

No Results Found

OK

Tokyo DisneyLand

No Results Found

OK

富士山

愛知県の見知らぬ土地
にヒット

OK

Mt Fuji

Fuji Sushi Japanese Cuisine

OK

Walt Disney World

OK

OK

なんなんだこれは・・と絶句してしまうような仕上がり。こういうのをデグレ(degradation)と呼ぶのでは・・。現在使用しているiPhone4sはキャリアとしてAT&Tを使っている。挙動的にその国のマップはその国のキャリア経由でないと、まともな結果はでてこないということなのか?USで日本の地名を検索するんなんてユースケース自体が間違っている、とでもいいたげなこの結果。Google Mapがフツーに動く以上、そのような言い訳はなんの説得力もありません。

シリコンバレーでは製品をリリースするときに、その製品(ソフトウェアを含む)の仕上がりについて、”Product Finish”という言葉をよく使う。日本語では「完成度」にあたると思う。その言葉には2つの意味があり、何を持って”Finish”とするのか、何を持たないことをユーザーに理解してもらった上で”Finish”とするか、という観点である。今回のマップは正直その2点がかなり不透明。

例えば完成には程遠いものを、マーケットで先行するためにリリースしないと行けない時、よくPhase Approachという手段で機能を段階リリースしていくということはよくやる。マップに関しても、最初は北米だけとか、もっと絞って主要都市だけとか区切ってやるというアプローチもあったはず。(思い出して欲しいGoogle Mapの出始めだってそうだし、Street Viewもそう。MSの3D Map viewだって、シアトル始め北米の数都市から開始した。)

米系メーカーとしてはめずらしくProduct Finishのレベルが高いということで、個人的にはアップルという会社が創りだしてく製品は好きだし、憧憬すら抱いている。当然Phase Approachだって検討されていたはず。

それだけに、今回のマップの件はかなり衝撃だった。株価700ドル前後、フリーキャッシュが2兆円以上ある会社が作る製品としてはあまりにお粗末すぎる。

そしてApple本社の採用情報を見てると、まるで慌ててGoogle Map経験者を採用しているかのようにも見えるんだが・・

http://www.apple.com/jobs/us/startsearch.html

今回の件が決して、「ユーザーはそれでもついてくる」という「王者の驕り」から出たのではなく、新しいレベルのUser Experienceへ向けての序章なので、ちゃんと次のバージョンで改修するよ、という「前フリ」であることを願うばかりだ。今のところGoogleへ何の打診もしていないところを見ると、後者だと信じたい。でないと、名門アップルにおけるプロダクトマネジメントの喪失となりかねない。

Google: No iPhone 5 Map App Yet
http://www.lightreading.com/document.asp?doc_id=225250

ということで、当面はSafariでGoogleMapを全画面表示するワークアラウンドで対応だな・・

http://www.lifehacker.jp/2012/09/120926googlemap.html

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中