シリコンバレーにおけるリスクの考え方

飛び込むか、避けるべきか。
海に入ればコントロールできるのは自分自身だけ。

 

シャープが今期の業績を2500億円の赤字へと下方修正した。驚くことに自身の時価総額以上の赤字をかかえることになる。IRを読むとやれ「市況の悪化」だ「国内液晶テレビの需要減」といった、そんなのあらかじめわかってるはずだよね?と首をかしげたくなる文言がならぶ。

というか、こんな危機的な状況になってまで原因を外に求めている姿勢が非常に疑問。内部留保はものすごい勢いで減ってきており(3ヶ月で2599億円から1160億円へと半減)、今年9月15日に100周年を迎える会社が次代まで生き残れるかの瀬戸際に立たされている。

シャープにせよ、ソニーにせよ日本の決算発表を見てると、所与の条件である外部環境に対して「XYZが起こってしまったからこうなった」と言ってるようにしか見えないのだ。

シリコンバレーで生きる企業は皆、「外部環境はコントロールできない。コントロールできるのは己自身のみ。」という意識がトップから下へ徹底されている。だからこそ今、「自分たちが」しないといけないことはなんなのか?それがどのように、カスタマー、競合、業界に対して「違い」を作っていくかを日々追い続ける雰囲気が節々に感じられる。「想定外」が起こってしまうことも日常茶飯事のこの地において、原因を外に求めることはプロとしての姿勢を疑われるのだ。

明らかに潰すべきリスクでない限りは、外部環境がどうであれリスクはネガティブ要因とはみなさない(言い訳にしない)。シリコンバレーでRiskと言えばTakeするもの。そしてRiskを抱えた自分をControlする。

事前にきっちり準備しておくのか、事後でよしとするのか、キモとなる所だけおさえてあとは基本無視といったハイブリッド的なスタンスでいくか、これらのアプローチを組み合わせてリスクによる悪いインパクトを最小化させようとする。

日本の良い所でもあり悪いところでもあるのが「全て」のリスクを潰そうとするところ。減点法で人も製品も評価してしまうところ。だからこそ圧倒的に完成度の高い製品ができるのは事実だが、それをしている間に他の競合は2,3歩先に行ってしまっている。気がつけばマーケットの大半を奪われ、挽回するのは難しという状況に追い込まれる。

無論、ユーザー側が求める「質」のレベルが違うというのも1つの原因でもあるが、これとて「所与の条件」にすぎない。日本の消費者・ユーザーが世界一品質にうるさいのは、もはやシリコンバレーの会社だって知ってる。

リスクは全て潰せるわけでもないし、全てのリスクを洗い出すことも不可能。日本が競争力をもう一度取り戻す上で、「自分でリスクをコントロールするという覚悟で、リスクを取りに行く」という視点ががもっとあってもいいはずだ。

 

Picture source: http://www.nps.gov/pore/planyourvisit/beaches.htm