Generational Archiving – ソーシャル時代に100年続く会社であるためには?

LE WEBというイベントをご存知だろうか?ヨーロッパで毎年開催されるWebテクノロジー系の巨大なカンファレンスだ。今年はロンドンで開催され、起業家、投資家、Developer、Tech Mediaな人々はもちろん、参加するスピーカー達にも旬な人々が現れる。写真にあるEvernote CEOのPhil Libinや、今年は楽天の三木谷氏も登壇していた。(http://london.leweb.co/2012/community/speakers)

このPhilの公演の中でEvernoteが抱える3400万人(うち4万人が有料会員)の収益性についての話があったりして、それも面白かったのだが、もう一つ興味深かったのはEvernoteが100年先も生き残る会社であろうとしていることだ。

BlackBerryで一世を風靡したRIMも今や社員の1/3の5000人をリストラしないといけないところまで落ち込んでしまった。次期BlackBerry10のリリースが2013年だそうだが、その前にiPhoneの次期リリースが先にでるだろうから、RIMは相当苦しい。スマホのトレンドを利用できなかった末路である。それだけテクノロジー企業は自らの進化のきっかけをつかむタイミングが命なのだ。なので、100年生き残るというのは簡単に言えることではない。

“We are going to build a 100 year company.”(16:30あたりから)

Evernoteであれ、FBであれSNSという文脈のみならず個人のライフログとしての性質も無視できない。自分の生き様が刻々と記され、その時々の記憶のトリガーとなる言葉、写真や動画がアップロードされ「自分の生きてきた証」がそこに溜め込まれる。

さて、問題はいつまでこれらの「証」がデータとして保存されていくのか?それこそ100年後も残るのか?

今年8月にはFBがアクティブユーザー数10億人を突破するという。一人1日3回投稿したとしよう。そのうち写真や動画、合わせて3メガバイトとすると、全ユーザーで30億MB。これはおよそ3000テラバイトが1日分の容量となる。(家電量販店で売ってる1TBのHDD3000個がたった1日でたまる)もちろん、全てのユーザーが毎日等しく3メガ分のデータをポストするわけではないので、実際はこのとおりではない。あくまで大雑把なシュミレーション。

そしてこの1日の容量に対し、さらに365日xそのユーザーが生き続ける年数ということになる。老いも若きもユーザーがあと平均で60年生きたとすると、およそ66エクサバイト(1TBのHDDが6600万個)のストレージを要する。(ユーザーの増減は考えてません)そんな膨大なデータをどうやってコストとのバランスを考えて貯めこむのか、また溜め込んだデータも使い勝手を損なわずに使えるようにするか。

ユーザーからすれば、溜め込んだデータはその人にとっての生き様なので失われては困る。(とはいっても、ファーストサーバーのトラブルの件もあるので、定期的なバックアップはこれからも必須だろうが。)

FBやEvernoteがここまで生活に入り込んでくると、あるのが当たり前で、サービスが使えなくなると窒息するような錯覚を覚える人もいるそうだ。そうなるとEvernoteが考えるように100年続く会社、預けたデータは死ぬまで保管し利用可能ということが、ある意味そのサービスを使い続けてもらうための至上命題にもなってくる。おそらく現在のユーザーはそこまで意識していないし、そもそも100年後同じサービスを使ってるのかどうかは全くわからないという感覚だろうが、提供者側としてはユーザーを長くつなぎとめるためにも無視できない問題だ。日本に100年以上続く老舗があるように、経営者の手腕次第でWebの世界にも100年続く会社がでてきたっておかしくない。

その意味で、上の動画でコメントされていたGenerational Archiving (世代を超えてデータを保存していく)技術というのは、エバーノートのようにユーザーのライフログを貯めこんでいくタイプのサービスには今後必須のものになっていくだろう。自分が知る限りこれに対応できそうなのは現状ZFSくらいしか思いつかないのだが、単にFile Systemだけの話でもない。Tera Byte -> Peta -> Zetta その上のYetta Byteスケールのデータを扱う世界は、サーチ・Network I/O・Storage・CPU周りのコンポーネントの進化によって、人間の知性を仮想的に再現させるレベルになってくると思う。(Siriがその先駆けか?)”2nd Brain”を謳うEvernoteが今後どんな変貌を遂げていくのか。Webテクノロジーは単にユーザーから見える部分だけの話ではない。その舞台裏にあるテクノロジーの進化も見逃してはならないのだ。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中