プロダクトマネージャーの仕事をサッカーで語ってみる (その1)

ここ最近サッカーの世界では大きなニュースがいくつか続いた。なかでも注目だったのは、先日の日本 VS オーマン戦で、爽快な試合をしてくれた日本代表。香川がマンチェスターユナイテッド移籍を確定させ、まもなく欧州選手権が開催、グアルディオラ監督がバルセロナを去ったこと。どれも1つの記事になってしまうくらいのニュースだが、そんなサッカーモードな状態で本日のお題、プロダクトマネージャーの仕事について書いてみる。

(かなり主観で書くのと、サッカーに興味のない人は読みづらい可能性があるので、見苦しい所は飛ばしてください)

シリコンバレーで働いていると、時々サッカーをプレーしているような錯覚に陥る時がある。
(別に場所がシリコンバレーである必要はないかもしれないが)

なぜか?

それは、こちらの働き方が、各々の磨かれたスキルを持った個人が連動してチームという組織で動くからだ。ふと思い立って、ブラジル人の同僚に下のようなフォーメーションを見せてみたらこれが大ウケ。彼も同意してくれた。

ゴールをあげる(= ディールをクローズする)という観点で各役割を配置すると、3-4-3に収まる。今回はプロダクトマネージャーの周りにいるプレイヤーについて簡単に解説する。(外資のIT系がどんな人々で成り立っているかも合わせて参考にしていただきたい)

まずはわかりやすい前線から。いわゆる営業とSEがココ。ディールをクローズするのに直接関わる人達。アカウント営業とは特定の顧客にダイレクトに営業をしかける人。チャネル営業は代理店経由で数字を上げる人。そしてSEはその技術力を使って、プレゼン、デモ、ベンチマークテストと多彩に攻撃を作り顧客を落とす。ポイントは彼らは頻繁にポジションチェンジを行い、ゴールへの形(クローズへのシナリオ)を決定付ける。上図ではSEが中盤の司令塔となっているが、局面では営業が司令塔になり、SEが前線に立つこともある。

ディフェンスライン(= ポストセールス)にはいわゆるサポート部隊、QAテスト、キーパーに開発部隊を置いた。考え方としては、彼らはゴールを上げるシーンで直接顔を出すことはあまりない。むしろ攻めこまれた時(顧客に問題が起こりセールスから遠ざかる時)にむしろ目立つ人々。ことエスカレーションと呼ばれる人々(以前自分も担当した)は、守りの要となる。QAチームや開発そしてプロダクトマネージャーをうまく使って「組織的に」失点(=ディールのロスト、顧客の信頼低下)から守っていく。もちろん、後方での球際の強さ(技術力)、1対1の対人プレー(顧客が怒ってけしかけてくる)の場面でも強くないと、相対したときに相手の攻撃(言い分、怒号?)をかわせないし、カウンター(信頼回復からの次のビジネスチャンス)の起点となれない。

そして中盤である。

まずはプロダクトマーケティングが右サイド、左サイドは”Variable(可変)”、テクニカルマーケが中盤の底上がり目、プロダクトマネージャーはボランチ、とした。この左サイドには訳がある。そのディールの性質によって、ある時はアライアンス部隊、またある時はもう一人プロダクトマネージャー(例えばハードウェアや特定のチップ担当などSubject Matter Expertと呼ばれる人)、またはコーポレートSEと呼ばれる、顧客に大掛かりなデモを見せたりする人を配置するためだ。よってかなり左サイドで技巧的なプレーが要求される。

プロダクトマーケティングは基本的に会社の外に各種のメッセージを発したり、ブランディング、イベント周りを担当するということで、サッカーで言うところのサイドアタッカーの色が強い。

同じマーケでもテクニカルマーケティング(これも先日まで自分が担当した)はまた異なる。前線のマークが厳しい(顧客が素直に話を聞かない、競合からのプレッシャーがきつい)時に攻撃参加し、ゴールのチャンスメークを手伝う。よって、局面を打開するための高い技術力が求められると同時に、マーケターとしてのパスセンス(他のポジションへのコミュニケーション能力)も要求される。時に自らミドルシュートを狙い、マークを引き寄せ前線を楽にすることも行う。

さて、こうした各種のプレイヤーがいる中でプロダクトマネージャーは一体どんな役割を担うのか? 次回へ続く。

広告

プロダクトマネージャーの仕事をサッカーで語ってみる (その1)」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: サッカーとプロダクトマネジャー | Product Management Review

  2. 今、アメリカ系IT企業の日本製品展開を担当してまして、アメリカのプロダクトマネージャーとやり取りしてます。サッカーのフォーメーションの例えがとてもわかりやすかったです。もやもやしてた、アメリカ側の役割分担がクリアになって仕事がやりやすくなりそうです。
    プロダクトマネージャーは技術、ビジネス両方のハイレベルなスキルが求められ、まさしく賢者って感じでしょうか。目指したいポジションです。

    • コメントありがとうございます。お役に立てたようで光栄です。プロダクトマネージャー(以下PM)は製品の全責任を負うため、組織の上下左右の関係性の中で常にプレッシャーが半端ないですね。その分やりがいは間違いなくあります。また、どういうバックグラウンドを経てPMを担当するようになったかというのが、実はその人の得意とするプレースタイルを決める重要な要素だったりします。本稿にからめて言うと、PMのプレーが読めるようになるとパスの行方が読めるので、自分がどう動くと一番いいところでボールを貰えるかまでわかってきます。この辺りはまた記事書きますね。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中