新たな挑戦の始まり

今月でGolden Gate Bridgeが完成して75周年
Source: BloomBerg Business Week

サンフランシスコの象徴と言えばゴールデンゲートブリッジである。この地を訪れたことがない人でも一度は写真等で見たことがあると思う。その橋が5/27に75周年を迎えた。今となっては観光名所扱いだが、当時は速い潮流と霧の多い天候、そして両岸の地形が複雑な事、2km以上の橋を重力から支えるだけの建築技術が育っておらず、もし建設するにしてもそのコストが$100 million 以上(1920年時点)と試算されており、「建設不可能な橋」として認識されていた。

しかし、時代は「不可能」と言われて立ち向かう挑戦者を時として迎え入れる。それが後にG.G. Bridgeの建設指揮をとったJoseph Straussという人だった。
(本稿では彼の詳細には踏み込まないが、興味のある方はこちらへ。)

1933年から着工開始し、4年の歳月を経て完成に至る。当時としては世界最長の吊り橋だ。この完成を機に、なんと橋梁建築技術のスタンダードが完全に塗り替わってしまった。建築史に名を残すのにはそれだけの価値があるというわけ。0から設計し、1を産み出し、100へと至るその過程はまさに開拓者の執念といえる。

奇遇にもこんな歴史的なタイミングの頃に、自分も新たな挑戦者としてスタートを切ることになった。前回、前々回と転職ネタが続いたが、実は自分も(同じ会社内で)新たなポジションに移ることが背景にあったのだ。これからはSoftware Product Managerとして仕事をしていくことになる。日本でプロダクトマネージャーと聞いてもあまりそういう仕事が広く存在しないので、イメージわかないかもしれない。(日本ではプロデューサーのイメージに近い)だが、ここシリコンバレーでは会社の屋台骨を支えていく重要な仕事である。0から1を作り、周囲を巻き込んで1を100に1000にしていくのがプロダクトマネージャーに課された役割なのだ。

なのでブログのタイトルも少し変えました。

今後は、シリコンバレーにおけるプロダクトマネージャーの仕事についても記事を書いていくのでお楽しみに。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中