あなたの英語をワンランクあげる一言 #4

 

ここ最近うちのオフィスで人の出入りが激しい。

(出入りといっているのは、辞めたり、新しく入ってきたりするという意味で)

 

例えばあなたが別の部署への異動、もしくは転職で今の職場を去ることになった時、USではこんな表現がよく使われる。

A: Hey, I heard you are going to move to a new team.  Congrats on your move!

B: Thank you!  I really enjoyed working with you.  I miss you guys but I decide to take a next opportunity.

A: Yap.  Change is always good.  Did you get someone who will do a backfill of you?

B: Yes, fortunately, we’ve already got a good guy.  I believe he can catch up soon.

A: Oh, boy  You have too big shoes.  He must work really hard.

部署に残るAさんが, 異動していくBさんと会話してます。

後任は見つかったのか?とAさんが聞くと、Bさんが「イイやつが見つかった、彼なら大丈夫だろう」と答えて、Bさんが”You have too big shoes”と一言。

これはAさんのこれまでの貢献度が大きく、抜けた穴が大きいがゆえに後任がその穴を埋めるのが大変だな~という意味で使ってます。この辺を靴の大きさに引っ掛けた慣用表現。

職場を去るなら惜しまれて出ていきたいもの。人材の流動が激しいここシリコンバレーでは、よほど濃いキャラか、あなたの仕事の貢献度がかなり高くないと、チームの人々はあなたのことをこれから先も覚えていてくれない。もし、”You have too big shoes”と言われたら、素直に喜んでいいでしょう。それだけあなたの仕事はちゃんと印象に残るくらい貢献度大だった、ということなので。

 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中