Facebook IPO 狂想曲

FacebookがいよいよIPOを今週中に行うと言われている。実際いろいろなトレーディングサイトを見ていると、”Expected Pricing Week of:05/14/2012″となっており、おそらくかなり高い確率で起こるだろう。当初流通する株式は3.3億株だそうだが、果たして株価はどうなることやら。

巷ではFBの共同創業者の一人(もともとブラジル人、すでにFBは退社しているが株式は保有)が取得したUS国籍を捨ててシンガポールへ移住、莫大な税逃れを密かに企む。(表向きアジア地域への投資活動に従事するとコメントしているが・・)

Facebook Co-Founder May Gain Choosing Singapore Over U.S. – Bloomberg

ちなみに、アメリカ市民権を持ってる人(グリーンカードを持ってるだけではダメ)、各証券会社との取引高や、FB株を取り扱い可能なオンライントレーディングサイトでの取引が一定金額以上(だいたい5000万円以上)あれば、IPO時のFacebookの株式購入の優先権が得られるようです。

さて、FBお膝元の、パロアルト、メンローパークをはじめ、シリコンバレーエリアでは不動産価格の高騰がすでに始まっていた。当然、FB長者を狙っての話だ。 

Facebook IPO is juicing Silicon Valley real estate prices to crazy levels | VentureBeat

地元のローカル紙も土日ともなれば下のように豪邸達がページを飾り、Open houseと称して現地見学会を盛んに開く。

ちなみに、左ページの物件がおよそ5億円、右上部のプール付き物件が4億円。物件によっては無料でランチが振舞われたり、出張カフェスタンド(これも無料)、子供向けにバルーンアートの出張サービスがあったりと、どこもディール取るのにかなり金かけてます。ちなみに、このテの家に手を出すと、固定資産税だけで毎年BMW 7シリーズが1台買えるくらいの金額になる。しかも日本と違って、年々下がっていくわけではない。ましてやプール付きなんて買った日には、その維持管理コストだけで・・ まー実際そんな「些細なこと」など気にならないほどの人々が買うわけで、この地のビリオネイヤーは次元が違うわけです。

もしこの地に足を踏み入れることがあれば、こうしたビリオネイヤー達が実際どんな家に住むのか、話のネタに社会科見学としてみるのも面白いかもしれない。ローカル紙(例えばPalo Alto Daily)のような無料新聞にたくさん載ってます。

ただ少し引いてみてみると、この地では真剣に夢を見てそれを実現させてやろうと考えている人々がたくさんいる。いるだけではなくて、それを支える人々も場所もコミュニティーも種類も豊富だし、粒ぞろいなのだ。しかも、実際に夢を叶えた人、力及ばず叶えられなかった人双方から薫陶を受けるチャンスも多い。成功しても失敗してもそこはシリコンバレー、うまく行った人はまた次のチャレンジをするし、失敗した人もそれを踏まえて再チャレンジをする。その姿勢になんの後ろめたさがないのだ。FBのIPOはある種「飛び値」に相当する現象だが、これに乗じてIPOをするというスタートアップは多いと予測されている。腕に自身があり、テクノロジーの世界で徹底的に上を目指してみたい人は、ぜひ1度この地でチャレンジをしてみることをおすすめします。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中