シリコンバレーの自転車事情

日本でも自転車通勤が流行っているようだが、こちらシリコンバレーでも盛んに行われてる。かくいう自分もBicyclistの一人。なんと言っても自転車専用レーンがかなり整備されてるので、とても走りやすい。家から駅まで約20分の距離を毎日往復している。そして、電車には自転車ごともちこみ、上の写真のように車内自転車置き場に引っ掛けるのがルール。車社会なアメリカにあって、ともするとすぐ運動不足になるので、自転車で走る時間は移動と運動を兼ねた大事な時間だ。(ちなみにUSでは自転車のこともBikeと呼ぶ)

そして、自転車にも各人のこだわりが現れる。ある日信号待ちから走り始めたとき、横をものすごい勢いで抜いていく一台の自転車がいた。が、見てびっくり。

こんな自転車が駆け抜けいく。おおお、これが本物のRecumbent Bike (リカベント自転車)!日本ではめったに目にすることはないが、こちらでは普通に走ってる。見た目は珍しいが、想像以上に速いです。自分は今ハイブリッド式 7段ギアのタイプに乗っているが、7速で飛ばしても追いつけない・・ おそらくアップライトのタイプよりも姿勢が低いので空気抵抗がかなり少ないんだと思う。

このリカベントバイクにもいろいろタイプがあって、もっと車高が低くて座面が地面に近いF1タイプなものもあったりする。こうなるとかなり本格的。

一方いつも娘を学校に送りに行くときに、子ども3人を乗せて戦艦のような自転車で送り迎えをするお母さんを見かける。イメージとしては下のような感じ。

毎朝のことなんで恐れ入ります・・ちなみにCargo Bikeとよぶ。

日本でこれをやれば間違いなく街の人気者になると思う。(w

そしてGoogleMap for Bike なんてのもあり、なんと道だけではなくてトレイルの中の自転車レーンまでも表示してくれる。日本のように駐輪場でお金を払うようなこともなく、こちらの自転車ライフはかなり快適。

そういえば、GoogleといえばConference Bikeも忘れてはいけない。

 

こちらで自転車に乗る際注意すべきは、防犯対策と自転車用ヘッドライト・テールランプ(フラッシュ式)をつけるのを忘れずに。こちらは街灯が少ないので夜になるとかなり暗い。路面と前方をしっかり照らすヘッドライトがないとつらいな。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中