あなたの英語をワンランクあげる一言 #3

例えばこのままじゃどうにもこうにも先進めない、というときに使える一言。

Engineer A: “Mr. Customer, we have options here.  No.1, disable feature A but you will get performance degradation”.  No.2 disable feature B and you will not get any performance degradation but there could be a little chance to crash the box under heavy load.”

Customer: “We have 24/7 operation.  It is really hard to make a choice…”

Engineer A: “I understand.  This is the catch 22 situation but we have to make a decision since the bug won’t be fixed so soon.  Either way, I’m happy to support to come up with some mitigation plans.”

エンジニアのAさんがシステムに問題を抱えてしまったカスタマーに解決策オプションを提示してます。しかし、このカスタマー選択しきれない。なぜなら何かを得れば何かを失うような選択肢だから。こんなジレンマ、あるいは板ばさみな状況を英語で”catch 22″ と言う。

もともとは戦争時のジレンマ的状況を描いた小説から来てる。その中に軍規22というのが設定されてあり、「狂気に陥ったものは自ら請願すれば除隊できる。ただし、自分の狂気を意識できる程度ではまだ狂っているとは認められない」というジレンマ的状況を謳っているのだ。

広告

あなたの英語をワンランクあげる一言 #3」への1件のフィードバック

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中