英語の発音をもっと良くしたい・・と悩むあなたに送る3つのTips

自分にとってUSで生活するということは、上司や関係者、顧客から娘の学校の先生や医者などいろんな人に自分の英語を伝えさせなければいけない。留学経験のない自分にとって、最初は想像以上にハードルが高く感じた。そうして5年もがいてきた中で、以下の3つのポイントに気がついて以来自分の英語が変わったように感じる。もしかして同じように悩んでる人がいるかもと思いちょっと書いてみます。

1. 息をはく時の長さを意識する。
母音を発音するときに、意識的に息を多めかつ長めにはく。例えば”store”と発音するときにただ”ストアー”というのではなく、 “o”の部分で口をやや大きめに開け、舌の奥から息を吐くようにする。(そうすると自然と上下唇の筋肉も刺激され、ネイティブが発音するときのような口の形になる。)

また、自分の言いたい文章の中でキーワードとなる単語も、あえてスピードダウンして、長めに発音すると良い。

2. “o”はオウだけではなく、”ah”の音になる単語が実は多い。
Problem, Conference, Call、これらの単語は日本ではプロブレム、コンフェレンス、コールと o と a の部分が”o”と発音するもんだと習ってしまうが、実は全て”ah”の音。だから無理やりカタカナで発音を書くと、プラブレム、カンファレンス、カールという音に実際は聞こえる。例えば”Donna”という人がいて、”ドナ”と読んでも首を傾げられる。”ダナ”といったほうが自然に伝わる。

3. 発音の階段
例えば以下のようなこと言ったとする。

“I need to get this project done by the end of this month.”

よく日本で英語を習うとき「抑揚をつけて」と言われる。が、はっきり言ってどのように抑揚をつけるのかきちんと習ったためしがない。日本人が発音する場合、一本調子で発音する傾向があるのでNativeには聞きづらいようだ。彼らの英語をよーーく聞いてると、彼らは文を意味のまとまりに分けていて、その中で発音の強弱をつけていたのに気がついた。

例えば上の文は、

I need to

get this project done

by the end of this month.

と3つのパートに分けられる。次に自分の声の高さに5段階の強弱をつける。
1が低くて5が高い。

5

4

4

3

2

2

1

1

2

4

2

2

3

I

need

to

get

this

project

done

by

the

end

of

this

month.

イメージつくかな?最初の主語、動詞の部分は強く発音し、だんだんと弱くなっていき、強調したい部分で波を打つ。そうすると不思議なことにNativeのソレっぽく聞こえるようだ。もちろんこれはごく一般的な話であって、普通の会話の中でどうしても”need”を強調したい場面もあると思うし、いつもこの通りとは限らないが、このことを意識してしゃべるようになってから、”I’m sorry?”とか”Repeat that again?”とか聞かれなくなったので、きっと効果があったんだろう。
ぜひお試しあれ。
もし他にもこんなのあるよ、というのがあればぜひシェアを。
広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中