文系エンジニアがシリコンバレーに来るには?

プロフィールにあるように自分は決して理系を卒業したわけでもなく、これといってコードが書けるわけでもない。そんなことを話すと、「文系エンジニアなのにどうやってシリコンバレーにこれたんですか?」との質問を受けるときがある。ふと自分の行動を思い起こしてみると5つぐらいポイントがあった。

1. 特定の分野でまずは1番になる。
2. 名前とキャラをキーマンに覚えてもらう。
3. 安心感
4. 常に視線を世界の標準に置く。
5. 情熱

これらのポイントについて解説してみます。

1. シリコンバレー始め、外資は “Who are you?” という質問に対してシビアに答えを求められる。
あなたは何屋で、何をしてくれるのか?どうしてあなたでなければいけないのか?Nativeな技術のわかるエンジニアは他にもいるのに、なぜNon-nativieな人を雇わなければいけないのか?

この辺に対して自分でスッと定義できて、明確な違いを打ち出せないと門前払い。
自分にとって、これからマーケットを作り出すようなスタートアップに入ったのは、ここで一定の結果が出せればそのまま”who are you?”に対する明確な回答を複数得られると考えたからだった。結果を出すためには誰よりもマーケットを理解し、まだ誰も知らない技術を深く理解しないといけない。
つまりスタートアップは狭い世界で1番になれるポテンシャルを秘めている。

2. どんなに働いても、それが見て欲しい人(一言で言えばHiring Managerになるような人、キーマンとなる人)が見ていなければ次につながっていかない。

3. その仕事は他の誰がやったとしても、自分のほうが優れているといえますか?エンジニアを名乗る以上は、時として徹底して細部を詰める必要がある。そこをゆるくしてしまうとこの程度か、と思われてしまう。それでは他のエンジニアとの差別化にはならない。
常にhigh quality & 高速アウトプットを心がければ(やるのはしんどいが)、こいつは任せればいい仕事してくれるという「安心感」につながる。

4. あなたの目指すレベルはどこにありますか?技術の流れを読み、自分の持っているものが常にフレッシュかどうか、そしてそれが世界を相手にしたときに恥ずかしくないというレベルだといえるのか?定期的にチェックしてください。学ぶのを惜しめばエンジニアとして負けです。

5. 時間がない、できるかどうかわからない、そういう言い訳をして手を引く人たちはたくさんいる。だが、そこにチャレンジして、誰もができなかったことをやってのけることこそ、本当のプロフェッショナルだと思う。だから自分は時間がある限りは最後の1秒まであきらめないし、可能性が少しでもあるならそこに賭けている。もちろんいつもうまくいくとは限らないけど、その蓄積は確実に次への土台となる。どんなに実力があっても気持ちで負けてたら絶対に勝負となる場面で勝てないんじゃないかな。こうしたエネルギーは、そのテクノロジーに対する情熱に比例するんだと思う。自分が心から面白いと思える技術であればあるほど良い。

(おおっと、そういえば英語に関して全くここでは触れてないけど、英語をブラッシュアップするのは前提の前提。)

上記ポイントに対してや、自分がやっていた英語の鍛え方についての詳しいことはまたの機会に。

広告

文系エンジニアがシリコンバレーに来るには?」への1件のフィードバック

  1. シリコンバレーでは技術スピードの展開衰退が激しそう。だから日々努力できる人が勝ち残っていくんだなぁと思いました。しかも世界中から優秀な人たちが集まるわけで。。。でもそんな優秀な人たちが沢山いる現場で働けるのは、後々の財産になりそうですね。頑張って下さい。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中